読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『反「大学改革」論』本が出ます

6月中旬に『反「大学改革」論:若手からの問題提起』が刊行されます。 (出版社さんから掲載許可を頂いた書影です) https://honto.jp/netstore/pd-book_28478516.html (honto:本の通販ストア) 本書の趣旨と問題意識 「これから大学はどうなっていくのだ…

絶望かもしれないけど運動するよ(春の若者論三本勝負最終戦)

春のひとりで若者論を読む企画、第3回(最終回)である。2017年3月に発売されたばかりの新刊を読む。思いつくままに感想を書く。整理された文章ではなく恐縮である。社会運動と若者:日常と出来事を往還する政治作者: 富永京子出版社/メーカー: ナカニシヤ出…

テイストの社会学(春の若者論三本勝負第二戦)

社会にとって趣味とは何か:文化社会学の方法規準 (河出ブックス 103)作者: 北田暁大,解体研出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/03/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見るこれも同じく講義で学生に読んでもらうために…

広尾、麻布十番、六本木、今日はどちらに下りるか

二十一世紀の若者論―あいまいな不安を生きる作者: 小谷敏出版社/メーカー: 世界思想社発売日: 2017/02/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る講義で学生に読んでもらうために購入、その予習として勉強した。しかし、筆者が冒…

テストってなんだろう

テストは何を測るのか―項目反応理論の考え方作者: 光永悠彦出版社/メーカー: ナカニシヤ出版発売日: 2017/02/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る出版社からご恵贈頂きました。ありがとうございます。 何かを測定したり評価したりする際には繰り返…

学校教員の仕事について丁寧に考える

お送りいただきました。ありがとうございます。依然として教師論は(も)不勉強なので、しっかり読む所存でございます。日本の教師、その12章―困難から希望への途を求めて作者: 久冨善之出版社/メーカー: 新日本出版社発売日: 2017/01/15メディア: 単行本こ…

形成的な営みとして捉えてみる

学生を思考にいざなうレポート課題作者: 成瀬尚志出版社/メーカー: ひつじ書房発売日: 2016/12/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る編者、著者の成瀬先生、崎山先生、児島先生からお送り頂きました。ありがとうございます。https:…

労働法・社会保障法とキャリア教育

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009604943 新谷康浩、2013、「キャリア教育における「非就労」への「まなざし」:キャリアテキストの分析を手がかりにして」『横浜国立大学教育人間科学部紀要. I, 教育科学』15以前から気になっていたこの論文(そして、一連の…

サブカルチャーという言葉から連想されるものではなく

社会運動のサブカルチャー化―G8サミット抗議行動の経験分析作者: 富永京子出版社/メーカー: せりか書房発売日: 2016/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る楽しみにしていた書籍が出版された。分野が異なるので読み進めるのに時間がかかって…

大学生のキャリアとジェンダー:大学生調査にみるキャリア支援への示唆作者: 谷田川ルミ出版社/メーカー: 学文社発売日: 2016/03/02メディア: 単行本この商品を含むブログを見る筆者の博士論文に加筆修正が行われて書籍化されたものである。なお、私は10年前…

大学評価と「青年の発達保障」 (大学評価学会・シリーズ「大学評価を考える」)作者: シリーズ「大学評価を考える」第7巻編集委員会出版社/メーカー: 大学評価学会発売日: 2016/05メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る山梨学院大学の児島功和先…

現代若者の幸福―不安感社会を生きる作者: 藤村正之,浅野智彦,羽渕一代出版社/メーカー: 恒星社厚生閣発売日: 2016/03/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 古市自身は、若者の幸福感についていくつかの仮説を挙げているが、特に重要なのは…

社会調査の考え方 上作者: 佐藤郁哉出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2015/05/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 大学満足度調査の問題点1―母集団の定義 日本の大手通信教育系出版社Xの参加にある某研究所は、1997年から2007年ま…

大学選びより一〇〇倍大切なこと作者: 筒井美紀出版社/メーカー: ジャパンマシニスト社発売日: 2014/03メディア: 単行本この商品を含むブログを見る まえがきでは、「大学とは、本物のリテラシーを身につける場である。それがどういう意味なのか、できるだけ…

教育は何をなすべきか――能力・職業・市民作者: 広田照幸出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/03/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る 教育が直接的または間接的に、職業準備に資することによって、学校教育は社会に対して重要な役割を果…

ブラック化する教育作者: 大内裕和,斎藤貴男,佐々木賢,児美川孝一郎,今野晴貴出版社/メーカー: 青土社発売日: 2015/05/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る現代思想 2014年4月号 特集=ブラック化する教育作者: 大内裕和,斎…

高卒女性の12年: 不安定な労働、ゆるやかなつながり作者: 杉田真衣出版社/メーカー: 大月書店発売日: 2015/07/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る そのうえで改めて検討したいのは、高校時代の友人関係が維持され続けていたことの意味であ…

国立大学法人と労働法作者: 小嶌典明出版社/メーカー: ジアース教育新社発売日: 2014/02/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る著者は労働法学者であり、政府の規制改革委員会の参与等を務めてきた。使用者の立場で国立大学…

高等教育の社会学 (高等教育シリーズ)作者: 伊藤彰浩,橋本鉱市,阿曽沼明裕,パトリシア・J・ガンポート出版社/メーカー: 玉川大学出版部発売日: 2015/07/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 第10章 高等教育政策研究のための社会学的枠組み…

PDCAサイクルについては、これまでブログで述べてきたとおりである。 http://d.hatena.ne.jp/sakuranomori/20150121 http://d.hatena.ne.jp/sakuranomori/20110815 http://d.hatena.ne.jp/sakuranomori/20081106 製造工程において、その品質管理に統計的手法…

2015年度春学期集中「現代社会と大学」の開講日は8月3日(月)、4日(火)、5日(水)です。時間、教室については共通教育系の掲示板で確認してください。 なお、シラバス等の記載にかかわらず、全学科、全学年の学生が履修できます。履修申告をしていない場…

高等教育改革 その後の10年(高等教育研究 第18集)作者: 日本高等教育学会出版社/メーカー: 玉川大学出版部発売日: 2015/06/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る濱中淳子「大学院改革の隘路―批判の背後にある企業人の未経…

人事評価の総合科学―努力と能力と行動の評価作者: 高橋潔出版社/メーカー: 白桃書房発売日: 2010/11メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログを見る 心理学の産業への応用は、その黎明期より、軍事を含む広義の産業場面に向けられてきた。たとえ…

現在の大学のありかたをめぐる議論は,ダイエーの作った流通科学大学や,日通の作った流通経済大学がどれほど経済界から高い評価を受けているのかを検証すればよい。— 西山教行 (@jnnNishiyama) 2015, 6月 18 「現在の大学のありかたをめぐる議論は,ダイエ…

信州大学学術研究院総合人間科学系の荒井英治郎先生(教育行政学)より、日本学術振興会科学研究費助成事業成果報告書 「戦後教育行政資料目録」 「教育政策オーラル・ヒストリー 辻村哲夫(元文部省初等中等教育局長)」 「教育政策オーラル・ヒストリー 菱…

日常に侵入する自己啓発: 生き方・手帳術・片づけ作者: 牧野智和出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2015/04/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (8件) を見るご恵贈いただきました。ありがとうございます。 議論を先取りすれば、本書が企図するのは、自…

学校の戦後史 (岩波新書)作者: 木村元出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/03/21メディア: 新書この商品を含むブログ (12件) を見るこれだけ丁寧、簡潔に、また、規範的にではなく戦後学校史をまとめた新書は類書がないはずである。エントリの冒頭からな…

韓国型ロースクールの誕生―法曹養成にみる高等教育と政治体制作者: 朴炫貞出版社/メーカー: 大学教育出版発売日: 2014/12/26メディア: 単行本この商品を含むブログを見る本書は数年前に東京大学大学院教育学研究科に提出された博士論文を修正したものである…

昨日の(1)の続きである。 投影法の検査による選考は問題外として、質問紙法についてもまだまだ検討しなければならないことがたくさんある。拙論でも言及したことであるが、そもそも質問紙法、とりわけその中でも性格検査についてどれだけの人事担当者がそ…

企業が実施する採用テストの開発をテーマとした論文が採択された。先日、掲載決定通知が届いたところである。発行はまもなくのようだ。 二宮祐、2015、「総合検査SPIの開発経緯―1960年代から1990年代までを対象として」『大学教育研究ジャーナル』(徳島大学…

ノンエリートのためのキャリア教育論作者: 居神浩出版社/メーカー: 法律文化社発売日: 2015/03/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る岐阜大学の児島功和先生から、居神浩編著『ノンエリートのためのキャリア教育論―適応と抵抗そして承認と参…

戦後日本の教育と教育学 (講座 教育実践と教育学の再生)作者: 教育科学研究会出版社/メーカー: かもがわ出版発売日: 2014/10/09メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見るいわゆる「戦後教育学」批判に対する応答として、期待を込…

〈高卒当然社会〉の戦後史作者: 香川めい,児玉英靖,相澤真一出版社/メーカー: 新曜社発売日: 2014/07/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見るすでに多くの論者から書評が出されていて、今後のさらなる生徒減少期における高校教育機会の保障についての…

久しぶりに政策過程のタグを使う。地方分権と教育行政: 少人数学級編制の政策過程作者: 青木栄一出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2013/06/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (7件) を見る私の研究領域に関係する部分だけに絞っても論点は多岐にわた…

この数週間における各所の高等教育改革構想に関連して、今年の日本高等教育学会課題研究におけるフロアとの質疑応答を思い出している。 フロア:結局のところ、社会は大学教育に何を求めているのですか。私が思うのは………という人材の養成なのですが、先生は…

Works 126号(2014年10-11月)をお送り頂きました。ありがとうございます。 http://www.works-i.com/publication/works/ (こちらから全文を読むことができるようです) 第1特集は「博士を採用できない企業の”病”」である。日本企業の採用、人事管理の慣行が…

ジェンダーと「自由」―理論、リベラリズム、クィア作者: 三浦玲一,早坂静出版社/メーカー: 彩流社発売日: 2013/03メディア: 単行本 クリック: 20回この商品を含むブログ (6件) を見るやや長いが引用する。 レディ・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」は、ポッ…

卒業式の歴史学 (講談社選書メチエ)作者: 有本真紀出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/03/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (12件) を見る帯や序章卒業において式で涙を流す理由はなぜなのか、という問いが強調されている。しかし…

数ヶ月前から組織学習論の勉強をひっそりと再開している。今日は再び入門書を読んでみた。企業内人材育成入門作者: 中原淳,荒木淳子,北村士朗,長岡健,橋本諭出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2006/10/20メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 84回こ…

社会学の方法的立場: 客観性とはなにか作者: 盛山和夫出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 2013/11/20メディア: 単行本この商品を含むブログ (9件) を見る 「業績主義化」という想念は、社会の合理的統御の観念を前提としている点ではまさに近代的なもの…

志乃ちゃんは自分の名前が言えない作者: 押見修造出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2012/12/07メディア: コミック クリック: 38回この商品を含むブログ (26件) を見る発売当初話題になっていたものの、勇気がないためにとても読むことができなかった。しか…

警備業の分析視角作者: 田中智仁出版社/メーカー: 明石書店発売日: 2012/09/22メディア: 単行本この商品を含むブログを見るコ・メディカルに偏った勉強をしてきたので、それとは異なる(準)専門職について知識を得る。 まず、プロフェッションの特性として…

『教育政策オーラル・ヒストリー 教育改革と文部科学省』 『教育政策オーラル・ヒストリー 教育改革と教育団体・マスメディア』 (『政権交代に伴う教育政策過程・内容の変容に関する実証的研究』成果報告書―平成24年度〜平成27年度科学研究費助成事業若手研…

先日の大学教育学会で、ある高等教育論の先生から私の個人発表に関する質問を頂戴した。総括討論の時間にお答えを申し上げたものの、すでに先生は退室なさってしまっていた。 質問は「なぜ、『能力検査』ではなく『心理検査』に着目するのか」というものだっ…

科研のプロジェクトでテスト理論に関する勉強を続けている―その成果の一部が今週末の大学教育学会の自由研究発表「新規学卒者の採用を目的とする心理検査の歴史的展開―総合検査SPIに着目して」である。心理尺度、因子分析の問題点を考えながら考察を進めてい…

教育 2014年 04月号 [雑誌]出版社/メーカー: かもがわ出版発売日: 2014/03/10メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る雑誌『教育』4月号の特集2は「大衆化する大学の苦悩」であった。そのうち、〔論考2〕児島功和「『ノンエリート大学生』の教育と支援」は…

『「キャリア教育における『非就労』の位置づけに関する研究」最終報告書』(平成23年度〜平成25年度科学研究費補助金基盤研究(C)』 横浜国立大学の新谷康浩先生より頂戴いたしました。ありがとうございました。 キャリア教育に関する文献を読んでいると、…

対話の向こうの大学像 (シリーズ 大学 第7巻)作者: 広田照幸,吉田文,小林傳司,上山隆大,濱中淳子,松浦良充,小林信一,神田眞人,浦野光人出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/02/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る編集委員の皆さまから…

「なんで英語やるの?」の戦後史 ??《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程作者: 寺沢拓敬出版社/メーカー: 研究社発売日: 2014/02/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (16件) を見る本書の大きな問いは「英語必修化の謎に挑む」…

頂戴しました。ありがとうございます。教育格差の社会学 (有斐閣アルマ)作者: 耳塚寛明出版社/メーカー: 有斐閣発売日: 2014/01/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る章立ては次のとおり。第1章「学力格差の社会学」(耳塚…