読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十分に検討して書き込む時間がほとんどないので、とりあえずの印象論とメモ。財務省の厳しい指摘の一方で、結論の「方向性」は従来の政策方針を根本的に変えるようなものはないようだ。とりわけ、論点5の「方向性」についての感想は、「期待される人間像」的文章はいつの時代でも「期待される」ということだろうか。


http://sasshin.go.jp/shiwake/2011-11-21.html
ワーキンググループA
A2 教育(大学):大学改革の方向性のあり方

論点1:大学の総収入・総支出は増加しているのに、世界の中で日本の大学のレベルは低下しているのではないか。
→方向性:大学の国際通用力の向上の在り方については、「教育分野」における向上などその具体的な達成目標と達成時期並びにその評価基準について明確化を図る。まずは各大学による自己改革によってその実現を図る。


論点2:少子化の傾向にも関わらず、大学数や入学定員、教職員数が増えているのではないか。論点3:定員割れによる学力低下等や赤字経営の大学の増加等をどう考えるか。
→方向性:教育の質の確保と安定的な経営の確保に資するため、大学の教育の内容、例えば、生涯教育の拡充などへの転換を含む自律的な改革を促すとともに、寄付金税制の拡充等自主的な財源の安定に向けた取組を促す仕組みを整備する。


論点4:大学は、将来を見据えた明確な人材育成ビジョンを持っているのか。
→方向性:法科大学院の需給のミスマッチの問題については、定員の適正化を計画的に進めるとともに、産業界・経済界との連携も取りながら、法科大学院制度の在り方そのものを抜本的に見直すことを検討する。


論点5:大学が社会の実情と乖離し、社会のニーズに十分な対応ができていないのは、大学改革が進んでいないからではないか。どのように改革を進めるべきか。
→方向性:国は大学教育において如何なる人材を育成するかといったビジョン及びその達成の時期を明示した上で、その実現のため第三者による評価などの外部性の強化に加え、運営費交付金などの算定基準の見直しなどの政策的誘導を図る。加えて政策評価の仕組みの改善を図る。