読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学と社会 大学と社会

2日め。今日は教師節である。日本でもこうした祝日があっても良い。
中山広場から大連理工大学へタクシーで移動―29元。午後は別の大学で仕事を行うべく、路線バス23路に乗車。晩御飯は再び麺類、10元。



大連理工大学のスタッフの皆さまに感謝いたします。





成田―大連間の移動中(往路、復路)、MBA関連、認証評価関連の文書のコピーを読む。また、以下を読む。カバンが重い。

「正義」を考える―生きづらさと向き合う社会学 (NHK出版新書 339)

「正義」を考える―生きづらさと向き合う社会学 (NHK出版新書 339)

大学とは何か (岩波新書)

大学とは何か (岩波新書)

居場所の社会学―生きづらさを超えて

居場所の社会学―生きづらさを超えて

「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに――生きづらさを考える (岩波ブックレット)

「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに――生きづらさを考える (岩波ブックレット)